トップへ戻る

お知らせ

お知らせ

身体を使う事の共通点2

118_8303142

 

「UTAGE」という番組がありました。その番組を見て初めて知ったアイドルや歌手の人もいます。昔の曲でカラオケでよく歌われている曲を完コピしたり新しい振り付けで踊ったりハモったりと、意外にも芸達者な一面を見せてくれるアイドルもいます、また本当に歌唱力のあるアーティストが一回限りのコラボレーションをしてハモったりと、なかなか面白かったです。

 

その中で「Kis-My-Ft2」なる変な名前のジャニーズグループが壮絶なハモりで笑いをとっていましたが、そのメンバーの千賀健永さんがキーボード一本でアーティストの歌の伴奏をするシーンは、ものすごい緊張感でした。本当にピアノを触ったこともなかったのに、頑張って練習して、何とか元CHEMISTRYの川畑要さんの歌伴を一人で成し遂げたのはとても感動的でした。それから番組終了まで、たまにあるスペシャル番組でも、一生懸命な姿と感動的な演奏を聴かせてもらえました。「UTAGE」は録画なのに編集しないで放送されるので、ピアノ伴奏の‘一発勝負の緊張と怖さ’は画面を通しても十分すぎるほど伝わってきました。

 

SMAPのメンバーの草彅剛さんも自身のコンサートで、香取慎吾君とのデュエットで弾き語りをしました。彼もピアノは初めてだったそうです。メイキングのDVDを見たら、舞台袖にキーボードが置いてあって、ライブの最中は袖に下がるたびにキーボードを触っていました。草彅さんは「生ピアノの演奏はすごく緊張する」そうで、鍵盤を触ってないと安心できなかったそうです。飄々とした感じの人なので意外でした。

 

二人が共通していたのは、「ビートを刻めるリズム感」と「ハーモニーのリズム感」があるということ。SMAPは25年選手なので言うに及びませんが、「Kis-My-Ft2」も下積みが長くてメンバーは結構いい年になっているらしいです。きっとダンスや歌のキャリアがピアノ演奏に影響しているに違いありません。

 

ところで、元巨人軍の大投手「桑田真澄」さんの本で、ご自身の肘の手術後のリハビリメニューの中に「ピアノの練習」がありました。びっくりです。指先の感覚とリズム感を失わないためにピアノを習い始めたそうです。当時は毎日2時間、ピアノの練習に当ていたと書かれていました。

 

演奏家が、アスリートの練習の仕方やメンタルの持ちように興味を持って、彼らの著作を読んだりするように、アスリートもピアノの練習がスポーツの鍛錬につながると思って取り入れたりしていたんですね。

 

身体を使うこと、極めなくても2つ3つとちょっとづつ手を出してみると、相乗効果がありそうです。

 

IMG_0621

(この二人組はただ暴れているだけです・・・ )

 

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031