トップへ戻る

お知らせ

お知らせ

素直さと謙虚さ

すいません、今回のコラムはピアノとは直接関係がないかなぁ・・。
IMG_3058

素直な人は上達が早いと良く言われますよね。それについて。
 

歌のT先生は「家で練習してくるな」と言われます。理由は、勝手に練習して変な癖がついたのをレッスンの度に治すより、毎回真っ白忘れてレッスンに来てくれた方が、よっぽど進歩するから。真っ白と言っても本当に体感して身についた事は覚えているので、その微微たる蓄積は馬鹿にならないそうです。
 

太極拳の先生も同じ事を先週言われました。
 

正しい道筋を指導して、ちょっとはできるようにして帰しても、一週間たったら、バリバリの自己流でバッチリ固めた姿でお稽古場に戻ってくるんだそうで…
 

太極拳の先生は、どんな人もお稽古の内容を練習場に置いて帰ってしまう…と言ってました。しかし、中にはお持ち帰りの上手な人がいて、えらく早い勢いで上手くなる人がいるそうです。そういう人は色々工夫をしていて、コッソリ黒板を写メしたり、ポケットにメモを忍ばせていたりするんだそうです。
 

eha0026-009
 

レッスンからレッスンの間、自分の思い込みに囚われないように、過ごす事は大変ですね。私は自信がないので、歌も太極拳も家では殆ど練習しません。
 

良い師匠に巡り合っても、その出会いを生かせない人もいます。テノール歌手で声に恵まれていて、お弟子さんを育てる事でも実績のある方でしたが、縁あって伴奏をさせていただいた事がありました。幸にその方の師であるウイリアム・ウー先生のレッスンに同行する事ができました。
 

そのテノールの方は、自分の声に溺れて、先生の言われている事を素直に聞けず、自分を変える事が出来なかったので、何も得られず先生の元を去って行きました。何故か、ウー先生は私の事を可愛がってくれて、あなたは良く分かっていますね。あなたも歌いなさい…と言ってくださったのを嬉しく思い出しました。
 

umi0025-001
 

先生に言われた事の「端だけ」聞いて、理解した気になる事があります。ちょっと聞いたくらいで、分かるはずはないのです。「私も思ってた❗️」とか「知っています❗️」とか、既にその時点で違う事になっているのです。言われた事を自分の曲解なしにそのまま受け止めるという事は、大変難しい事なのだと、肝に銘じなければいけないですよね。
 

ウー先生は亡くなられていました。そろそろご高齢なので、もしやと思っていましたが…自分が去らなくても、先生が去ってしまう事も有ります。そうなると、もう教えを受けられなくなります。先生とのご縁もいつまで続くかわからないと思って、一瞬一瞬を大切にしたいです。
 

IMG_3171 (1)

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30