トップへ戻る

お知らせ

お知らせ

発表会の色々

西武線、[中野区 鷺ノ宮駅]、[杉並区 下井草駅] 近のMYMUSICピアノ教室です!

中央線沿い「阿佐ヶ谷教室」もご贔屓に!
images-1

 

さわらび会の総合練習会が無事終わって気が抜けたところで、上田先生のレッスンに行きました。この週末に上田門下生発表会があるので、先生は張り切ってレッスンを入れてくれたのです。もう一人の先生とは偉い違いです。
 

上田先生は、出演者希望者が多いだろう大人の生徒さんだけの発表会を予定していました。ところが会場を取って蓋を開けてみたら生徒さんから結構NGが出てしまい、…というわけで出来れば出演をお願いしますっ!と言われたんですけど、なんと”さわらび会”の前日でした。先生も申し訳なさそう…
 

演奏時間は15分までなので、小人と森の前に3つの演奏会用エチュードから「軽やかさ」を冒頭に加えることにしました。弾き始めの音数が少ないしタラタラした出で、エンジンが掛かりにくい本番の1発目には与し易いからです。
 

…というわけで、二日連続発表会となってしまいました。
 


 

土曜日の昼下がり、武蔵小金井駅近くのさくらホールに向かいました。晴天にも恵まれてぶらぶらとピアノを弾きに行くには最高です。しかし4月末だというのに暑い。
 

実はプログラム半分くらい、上田先生のお知り合いのピアニストとご友人様でした。先生からは「人数が少ないので、写真もお花もつけられなくて…」と言われていました。先生への謝礼分くらいの儲けが出るのか心配したのですが、そこはしっかり取ったとの事です。
 

謝礼の話が出たところで四方山話。
 

発表会の在り方は先生の考え方によって様々です。
 

保護者会に当日の雑用を丸投げして大規模な発表会を行う「さわらび会」。金庫番の保護者会から先生への謝礼もしっかり出ますし、先生も全員生徒の前で演奏します。
 

私の友人で、チョット見栄っ張りでこだわりの強い先生は、自腹を切ることになったとしても、お金がかかっても洒落たホールを借りて調律までキチンとします。時にはピアノを二台借りてデュオの会もしています。先生の魅力とレッスン室のリッチやゴージャスさもおもない、個人の教室としてはとても生徒数が多いです。
 

MY MUSICの発表会は生徒保護者会が会計と雑用を引き受けてくれています。先生は先生にしかできない仕事、指導とプログラム、講師演奏に集中してください、との事です。私は謝礼はいただかず、かかった実費のみ会費からいただいています。会費も会の世話役さんに決めていただいたいます。赤字にはならないようにしてもらっていますので、少しずつ積み上がっています。毎回の謝礼はないのですが、退職した時に退職金になってくれるのでは.と最近薄く期待しはじめています。笑
 

発表会も先生の考え方と集まった生徒さんの年齢で(参加希望者が多い時に、大人の会と子供の会で分ける先生もいます)全然違った雰囲気になります。緊張の中も楽しい弾き合い会であることには変わりはありませんが。
 


 

講師演奏についても考え方は色々です。さわらび会は教室に集う生徒さんと先生が一緒に演奏する会です。先生が生徒さんと同じ土俵に乗るのはかなり勇気と自信がいります。さわらび会の先生方は演奏者として一流ですが自分のリサイタルや演奏の仕事のときと比べ物にならないくらい緊張するのだそうです。私が昔師事したことのあった先生は、ピアノソロを講師演奏で生徒さんの後に演奏するなんて絶対あり得ない!と言っていました。
 

または、「生徒さんの発表会なのだから先生は弾かなくていい。当日は演奏に集中出来ないし。別の機会を設けて生徒さんに聴いて貰えばいい」という考えもあります。確かに年中リサイタルを開催されているような大先生ならそれでも皆納得でしょうね。
 

ある先生は「”なんで先生は弾かないんですか”と無責任に言われてたので頭にきて”発表会の雑用や指導に追われ練習時間を確保出来ず、当日は主催者なので朝から走り回ってピアノにも全く触れず、身体も頭も疲れきった状態の先生のボロボロのカスみたいな演奏を、発表会の最後に聴きたいですか?”と言ってやった。」ですって。素敵な友人なのですけど、本人曰く突然キレる傾向があるそうです。相当虫の居所がわるかったんでしょうね。
 

上記の理由で、友人の多くはゲストを呼んで弾いてもらったり、連弾やアンサンブルにしてソロを避ける傾向が強いです。私はそういうところに出かけては稼がせてもらっています。
 

私自身は連弾などアンサンブルの練習もかえって面倒だし、先生は弾かないんですか?と尋ねられて言い訳を考えるのも面倒なので、サッサとソロを弾いて終わらせています。発表会の上田先生は、なんとなく弾きた素ぶりで、一言二言語った後にサラサラと演奏されます。有森先生も上田先生もピアノを人前で弾くことの敷居が低そうです。
 

・・・と言うわけで、私は講師演奏する派で、初披露の曲を持っていくのでとてもワクワク楽しいです。教室の求心力は何だかんだと言っても講師演奏なので、やり甲斐があります。
 

私が発表会で弾くのは、一生徒として参加かゲスト演奏、または講師として演奏、の三パターンですけど、試し弾きから長いウェーディングの末に本番演奏するのは変わらないので、指慣らし無くて突然弾く緊張はいつも変わりません。私も有森先生や上田先生同様にサラサラと人前で弾ける体質になりたいです。が、MYMUSICの生徒さんや保護者様、ゲストの面々には、楽勝そうに見えているようです。
 


 

話は戻ります。さくらホールは大手楽器店&音楽教室のホールです。楽器と楽譜売り場の奥にある比較的小さなホールで、舞台の袖に次の演奏者が待つスペースもあります。ちなみに二階のレッスンスペースでトイレなどはそちらを使わせてもらいました。
 

5分ほどの試し弾きの感触は何と無く弾きにくいかな?です。ピアノを弾く人は練習し慣れたマイ楽器で本番に臨めません。極たまに、マイグランドピアノと調律師と心療カウンセラー(あがり症対策のため)をワールドツアーの本番に、飛行機に乗せて飛び回る”超一流ピアニスト”もいますけど、一般的には連れて歩けるのは調律師までです。
 

というわけで、人々からはお決まりの”本番のピアノへの文句”がはじまりました。ピアノへの不満は1.タッチの感覚、鍵盤の深さやレスポンス。2.ペダルの使い勝手。3.自分への音の聴こえ方。です。そのように本番がうまく弾けなくてもいいように最初に言い訳をしてから本番に入ります。
 

今回は大人の生徒さんだけの演奏会です。年の若い人に聴かれないので責任感とかが皆無でした。(子供は大人の演奏を聴いて、将来あんなドレスを着てピアノを演奏したい・・・などの夢を抱くので、年長者はドレス、振舞い、演奏全てにおいて子供の夢を潰さないようにする責任があります。)
 

順番に死刑台?!に上がることを抜きにすれば、発表会は大変楽しい催しです。この機会でしか会えない同じ先生をよしと決めてついて言っている同僚たちと近況話し合い、次に向かう意欲を高め合う機会にもなります。
 

実は大人の生徒さんでショパンのバラード4番を演奏された方。もともと保護者で子供のレッスンについて行っての発表会で、私の‘32のヴァリエーション・ベートーヴェン’を聴いて、自分も再び弾きたいと思われたそうです。寒気がする感動だったそうで、それでショパンのバラ4はすごすぎます。上田先生曰、あのヴァリエーションの最後の2つのヴァリエーションはモーツアルトのドン・ジョバンニの墓場のシーンを基にしている・・・だったので上田先生の「音楽性」と「確実に生徒に教える導力」のお陰で寒気がしたかもしれません。
 

というわけで、生徒一同滞りなく弾き終えて、先生が呼んできた方々の素晴らしい演奏を聴いて、そして終演後に楽器店のドアのところに溜まって、再び本日のピアノの悪口を言い、普段通りに弾けなかった恨み辛みを語り合い、そして次の機会の再会を誓い合います。
そしてさっさと帰途について、発表会の1日目は終わりました。
 

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031