トップへ戻る

お知らせ

お知らせ

脱力するって?

ピアノを弾くとき、なぜ脱力しないといけないのでしょうか?長くピアノを習っていると、一度は先生から「もっと力を抜いて弾いて下さい」と言われた経験がある方が多いと思います。筋肉が緊張している状態でも弾けないことはないけど、身体に負担が多いだろうし、長くそのような練習を続けていると怪我に繋がりやすいですよね。取りあえず不快な感覚だし。私がA先生(プロフィールにお名前を出しちゃっているので誰かわかっちゃいますね)から言われたのは「本番で、精神が緊張したり興奮したりするのは当然だけど、身体まで緊張していたら良いパフォーマンスができなくなるから、普段の練習から身体を、緊張させる弾き方をしない事」。実践的です。ところで先日、大人の生徒さんと話していたのは「脱力しなさいと言われて脱力出来た試しがない」。脱力しなさい… はNGワードかもしれませんね。生徒さんが話していたのは、「習慣的に無自覚に身体を使っているので、その状態で緊張しているのかどうか、自覚が持てない。」自分の身体を中から見つめながらも何処か客観的な感覚も必要なのでしょうね。自分が教える立場だとこんなアドバイスをしたりします。 肩関節の中の空間を広げる様に意識を向けること。 3指4指を動かす時に親指と人さし指の間を縮めない。 親指側でなく小指側が中心になる様に意識する。 のどれか一個だけ言います。レッスンで弾くだけでも大変だろうに、あれこれ言われたら、パニックになっちゃうだろうと、自分が言われる立場なら思うので。 なぜか太極拳やクラシックバレエなどの二の腕の使い方と似ているような。大きな丸いものを抱えるように…ってよく言われましたが、美しい身体の使い方って無理のない動きからくるのかもしれませんね。

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2020年12月
    « 10月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031