トップへ戻る

お知らせ

お知らせ

様々な運動の経験はやっぱり必要?!

sak0072-009

私はダルクローズメソッドを音楽大学で知りました。即興演奏や作曲に興味があって、作曲科を受けると勉強が限定されそうだし、とりあえずのピアノ科とかけて受けるのなら、国立音楽大学のリトミック科(通称)を受験することにしたのです。体育の時間は着替えるのすら面倒で大嫌い!まさか大学生になって、こんなに体を鍛えさせられるとは大誤算でした。一年生の夏休みまでに、猫背が矯正されるほどの「地獄」を経験し、身体に対する考え方も180度変わってしまいました。

 

高校生まで、「音楽と身体が影響し合う」という発想はありませんでした。「大きな筋肉運動の経験から微細な筋肉の運動に繋げていく」。例えば、足で歩いたり跳んだりする筋肉の感覚をピアノの鍵盤上の手の筋肉運動と関連して筋肉の感覚で音楽の表現の幅を広げるのは、とてもわかりやすいと思います。

 

私は、バレエとヨガだけだったのですが、あまりにも体が硬いのと、バランスをとる体幹の筋力がなさすぎたので、ご近所、中野区鷺宮駅前のフィットネスクラブに通うことにしました。春先になると股関節が痛くなる症状が続きバレエを中断、股関節に無理のないプログラムが有るフィットネスクラブだけ続いていました。

 

スタジオプログラムには、様々な動きが体験できるので、つまみ食い状態でしたが経験のなかった「ヒップホップ」や「ソウルダンス」「ボクササイズ」で今までなかった感覚を使ったり、振り付けを一生懸命覚えたり、脳トレにもなりました。

 

インストラクターの先生は、私のことを「何か音楽関係の人だろう」と思ったそうです。と後から聞きました。

 

先生とあらたまってそんな話を何故したかと言いますと、その古ぼけた、料金もおやすく通えたけど、ロシアンルーレットくらいに命がけで通った(躯体が古すぎて次の大地震があったら必ず天井が落ちてくると想像できたため)フィットネスクラブが3月末日で閉館してしまうからでした。

 

次はどこに通うのか・・会員の方々の話題もそればっかりです。私も上手に利用して、レッスンでも生かして来ていたので、フィットネスクラブの閉館は寂しいし、ちょいと痛いです。思った時に色々なダンスや運動ができる場所はやっぱり必要かな?健康のためにも続けた方が良さそうですけど・・・

 

han0205-049

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31