トップへ戻る

教室内のマスクについて

西武線、[中野区 鷺ノ宮駅]、[杉並区 下井草駅] 近のMYMUSICピアノ教室です!

 

 

MY MUSICでは、ピアノ演奏、音楽を学ぶにおいて呼吸が大切であり、口を塞ぐマスクは生徒様に苦痛を与えてしまう事を考慮しCOVID-19当初から、未就学児童はマスクフリー奨励し、小学生以上の方はマスク着用任意でお願いしておりました。
 


 

2022年初夏、保護者様から子供のユニバーサルマスクの日常化に危惧する声と、マスクを外す機会を増やしてほしいとの要望とともに、「子供からマスクを外すのは困難、まずは先生からマスクを外してほしい」との要望がありました。「大人が外さないなら子供も外せない」は一理あるので、私から付き添いの保護者様もマスク非着用をお願いすることになり、入室後はマスク非着用、成人の生徒様にもマスク禁止令を出して、ご協力いただくことになりました。
 

2022年の真夏には、マスクをする人が激減すると予想してのことでしたが、すっかり当てが外れてしまいました。
 


 

しかしながら、MY MUSICではレッスン中マスク非着用が根付いており、あのタイミングでマスク非着用を徹底させなかったらと思うとゾッとします。SARS-CoV-2騒ぎから入会された小学生の生徒さんとは「いっせーのせ!」の掛け声と共にお互いにマスクをはずして、お互いの素顔を褒め合う儀式をしました。
 


 

マスクは、親密な人間関係を構築するの為には「百害あって一利なし」だと思います。
話は変わりますが、2022年にタイムリーに新調した、Virus不活化を謳うPanasonicのナノイーX、シャープのプラズマクラスターを二重にかけています。
 

(SARS-CoV-2(新型コロナは俗称)は接触感染が非常に少なく、飛沫感染も少なく、主に空気感染であることで、随分気が楽になりました。)
 

プラズマクラスターの方は空気が汚れると「緑→オレンジ→赤」と表示が変わるのと、作動音が急にうるさくなるので室内の空気の汚れ具合がわかります。
 

防音室は密閉されている様です。が、プラズマクラスターが壊れたかなあと思うくらい一日中真っ赤な時もあるかと思えば、掃除機を掛けようか揺るがなく緑色の日もあり、外気の影響はかなり受けているみたいです。
 

ナノイーXとプラズマクラスターがさほど広くない空中で一緒に浮遊してどの様な効果があるのか、よくはわかりませんか、効いているようです。何故ならアレルギー体質の人の反応が激減、あるいは消失してしまったからです。
 

 

これは偶然なのでしょうか…
 

追記:
マスクフリーなので、再びレッスン時には口元までキチンとメイクをするようになりました。
 

子供達は口紅にうるさいです。唇がふっくらする様に実際の輪郭より膨らませて唇を描いてみると「はみ出てる」と指摘され、丁寧にメイクしたつもりで、ペンシルで輪郭を描くと「外側と内側と色が違って変」だと言われ、同じ紅筆で違う色と共有しただけでも、「マダラになっている」と注意されます。
 

若い人は本当によく見えているのだと驚愕すると共に、アイメイクのチェックは皆無な事を含め、子供は大人の口元ばかり見ているのだと思いました。子供は他人の口元から表情を窺っているのです。
 

保護者様の仰られる通り、大人からマスクを外す、大人だからマスクを外す事が子供の生育に重要な事だと思い知らされるこの頃です。

 

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2024年2月
    « 8月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829