トップへ戻る

お知らせ

お知らせ

1月22日の新年会に向かって

西武線、[中野区 鷺ノ宮駅]、[杉並区 下井草駅] 近のMYMUSICピアノ教室です!

中央線沿い「阿佐ヶ谷教室」もご贔屓に!

images-1

 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
 

発表会が7月だった都合で、MYMUSICの冬のイベントは新年に持ち越し、例年のクリスマス会改め新年会になりました。三鷹スペースオブバイフォーで1月22日に開催します。
 

unknown
 

今回のピアノはベヒシュタインです。(ベヒシュタイン アカデミー190 奥行き190cm)
 

unknown-2
 

ベヒシュタインはドイツの世界三大ピアノメーカーと呼ばれている、ピアノ製造会社です。最近は心なしか影が薄いような…シュタインウェイサンズは圧倒的にピアニストから支持され、相変わらず光を浴びていますが、三大ピアノメーカーのうち一つのベーゼンドルファーはYAMAHAに買収されてしまいましたし、三大ピアノメーカーという呼称すら最近は耳にしなくなりました。
 

images
 

ベヒシュタインは第二次世界大戦で工場が消失したり職人が喪失したそうです。その上、ヒトラーに愛されたためその後は苦難の道を歩む事になります。今あるベヒシュタインは数々の苦難を乗り越えたり、時代に合わせてモデルチェンジを繰り返しして、たどり着いた名器なのです。
 

200px-carl_bechstein


 

この人が、カール・ベヒシュタイン(Carl Beckstein)ベヒシュタインの創業者です。

 

スタインウェイより演奏者の音色の差が出やすく、また力任せに弾くと、途端にヒステリックな音になり音量も上がらない。スタインウェイよりは扱い難い弾き難いとされています。しかも、ピアノは会場ホールのピアノを一発勝負で弾くことが多いので、どこの会場にも置かれているので慣れていて、派手できらびやかな音色で実力以上に弾かせてくれるスタインウェイ、プロアマ問わず人気が集まります。
この、ちょっと地味目でしかし味わい深いピアノ、リスト、ドビュッシーから最高の賛辞をいただい名器を新年会では皆んなで味わいながら弾きたいなぁと思います。
 

150px-bechstein

http://www.bechstein.com/willkommen-bei-bechstein/

 

新年会会場のスペースオブバイフォーのピアノは、そのベヒシュタインの中でも最高ブランドの「ベヒシュタイン アカデミー」です。大きさは190センチてYAMAHA C-5とほぼ同じですが、深く重厚な音色は、まぁ色々あったとしても(力任せに弾けないとか、テクニックを披露するタイプの楽器ではないとか。)やはり代え難く素敵な時間と空間を作り出してくれるのです。
 

そしてそして。
 

新年会の会場は一階が演奏スペース、二階がお食事も出来るので、軽食付きのパーティを演奏後におこなっています。演奏会だけ参加も大丈夫です。でも、乾杯して色々お食事しながらお話したり、プレゼント交換をしたら、1時間半くらいはあっという間に過ぎてしまいます。

 


1f 2f
 

今年の新年会は、どんな演奏会になるのでしょう?入会して初めてのイベントがこの新年会だったり、発表会は出ても新年会は初めてのメンバーが今回は多いのです。
 

どんな会になるのでしょうか?とても楽しみです。
 

images

 

体験レッスン無料キャンペーンについて

秋らしい天気はまだまだですが、台風やゲリラ豪雨などの天候不順にも負けずに「体験レッスン」に来てくださる方のために朗報です。

 

9月15日から11月末日まで「体験レッスン無料キャンペーン」をさせていただきます。
生徒様のレッスン中はお電話に出れないので、お申し込みのご連絡はお電話よりメールの方が確実です。

 

10周年記念に作った「トートバッグ」が残り少なくなっております。今お申し込みいただければ、大変使いやすいしっかりしたMYMUSIC特製のレッスンバッグ、ご入会後は他の生徒さん、私や常連ゲストさんとお揃いで持つことができます(?!)。

 

、普段は有料の体験レッスン、この機会にいかがでしょうか?お待ちしています。

 

img_3680

写真のバッグは私の私物です

 

これ方のMYMUSICのイベント

1月22日(決定しました)

13時時開演予定「MYMUSIC 新年会2017」軽食付きサロンコンサート
出演予定ゲスト(敬称略)「ピアノ:宅島圭子」「朗読:武富太郎」「ギター:小林和重」

私はドビュッシーかベートーヴェンの作品を弾く予定です。楽しみに!!

img_2775.jpeg

昨年のプログラムです

新年会のお知らせ

新年会の会場と日程のお知らせです。

「スペースオブバイフォー」

東京都調布市深大寺東町6-28-2
front
http://ofbyfor.net/access-map/index.html
三鷹駅南口、または吉祥寺駅 南口より バス
調布駅北口、つつじヶ丘 北口より バス

一階でサロンコンサートを開催します。12時開演予定
1f

 

ピアノはこんな感じです。ベヒシュタイン アカデミー190 奥行き190cm。サロンなのでフルコンよりは小さいですが、会場とマッチしていて、響きが柔らかくて豊かです。

DSC00704DSC00231

 

リハーサルをしている傍らで盛り上がる人達。

DSC00021

DSC00039

 

発表会が春開催の時はクリスマス会をしています。今年は発表会が7月末だったので、新年会になりました。子供の可愛いサンタさんの扮装は残念ながら見られません。

 

恒例のトーンチャイムが終わったら・・・

IMG_3986

2階でパーティです。15時開宴予定18時お開き。

2f

 

例年こんな感じです。

DSC00113DSC01072IMG_2820IMG_2828

常連ゲストさんとアミーゴ3人組

IMG_1725 DSC00300

1月末の新年会までに、新曲が披露できるように頑張りましょう!!

 

 

 

 

発表会、無事終了しました

7月23日、第15回MYMUSIC定期演奏会、終了致しました。
生徒さん方の独奏、ショパン、バッハ、ベートーヴェン等のよく知られた作曲家の作品のみならず、少しマイナーな後期印象派の作品やゲーム音楽、レッスン時間が前後になっている生徒さん同士の連弾。

今回、なんと27音揃えた(普通のセットは20音)ミュージックペルの演奏。久しぶりにミュージックペルが大活躍しました。恒例の全員参加、全員初見大会のトーンチャイム演奏「威風堂々」「家路」「大きなのっぽの古時計」もクリア。

今回も恒例ビンゴ大会や抽選会などのプレゼントコーナーで盛り上がりました。

次は新年会を目指しています。

沢山のご参加ありがとうございました。

7月23日発表会のお知らせ


 

とうとう重い腰を上げて、会場を予約しました。サッサと行動すれば良いのに、いつもギリギリだから「この日空いてて良かった〜!」となります。新年会が終わったと思ったら、あっという間にゴールデンウィークまで終わっていて、2016年もあっという間に半年前過ぎてしまいそうな勢いです。だからと言って、それが腰の重い言い訳にはならないんですけど…
MYMUSICの発表会場は、長いこと新宿区市ヶ谷にある、トモノホールでした。少しステージが高くなっていて、
 

80席くらい。ホールの隣室は邸宅のリビング風の大きな控え室では、持ち込みしたお菓子や軽食も楽しめて、トイレも着替え用の楽屋もかなり立派で綺麗。お気に入りでした。ゲストハウスウエディングの演奏会バージョン、豪邸のピアノホール付きリビング貸切状態で、セレブ気分を満喫していました。トモノの時は私もしっかりロングドレスに着替えていたものです。
 

ところが発表会当日に空調が壊れてすごいノイズが出たのと、何を考えたのか発表会の最中に業者を呼んで直させようとして大混乱になったので、それっきり使っていません。それからは、発表会ジプシーになっています。
 

14年は阿佐ヶ谷からは 安近短 揃った、江戸川橋のピアノパッサージュで、開催しました。明るくて、音は良くなるし、床はフラットでなく、段差のあるステージ付いているし、ピアノは楽器店だけあって素晴らしい。ホールではなくて、元々楽器の展示場なんですが、パテントをしてホール状態にして発表会の間は貸切にしてくれます。だから関係ない人も知らなくて入ってきたりしました。
 

明るくて写真が綺麗に撮れて、外に音がだだ漏れとか色々有っても、私は気に入っていました。でも、控え室が狭いや落ち着かないやら、生徒さん保護者さんの評判はイマイチ。
 

昨年初めてKMアートホールで行いました。
 

100年前制作のマホガニーのスタインウェイ、かなり小ぶりです。癖があるかなぁ?と思ったら意外にも弾きやすく、音響も素晴らしい。妙にスタイリッシュな内装でなんか薄暗い…。が、13年夏に下見した時の感想。
 

地下のホールに降りるまではちょっと急な階段で若者向きな感じ、お祖父ちゃんお祖母ちゃんやゼロ歳児の弟妹連れのファミリーにはキツイだろうと思い一昨年は躊躇しましたが、実際15年に発表会をしてみると、なんだか居心地が良いのです。生徒さんの評判も良くゲストさんもえらく気に入ってくれました。
 

しかし、始まるまでは迷子の嵐、建物の前まで来て、うろうろ迷った挙句電話をしてくる人が後を絶ちません、実はここ、ビリヤード場だったのです。だから建物に「〇〇ホール」って看板も出てないのです。どうも地下ホールも元々プールバーみたいで、偶々レアもののピアノが手に入ったので、ホールにして貸し出すようになったみたいです。吹き抜けの上の階には本元のビリヤード場があって、折角たどり着いたのに階段を上がって、また外に出出ていちゃう人もいっぱいいました。
 

というKMアートホールですが、妙に人々の評判も良く、今年もお世話になることにしました。
7月23日はKMアートホール。どうか宜しくお願い致します。

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031