トップへ戻る

活動情報

コラム

「絶対音感神話」を聞いて感じたこと

yjimage-1
 

太極拳のクラスはオバさんが多いです。オバさんの「カテゴリー」は、年齢でも性別でもなさそうです。実際、まだ子供なのに世話焼きオバさんな男の子も知り合いにいますし、私の学生時代のゼミの先生は男性でしたが、魚屋で「奥さん今日のは良いですよ」と声をかけられました。オバさんは生まれ持った性別を超えて、女子力が円熟し過ぎの人がなるのではないかと思います。
 

そのオバさん達が太極拳のクラスの後、連れ立って遊びに来ました。オバさん達はどんなに忙しくてもエネルギーとパワーに溢れています。私が自身をオバさんでないと思う理由は、すぐ疲れてエネルギーが無くなるからです。
 

レッスン室に、ピアノに縁が遠い人が来るのは初めてです。ピアノを習おうと思ってくる人でも、グランドピアノを見ると興奮します。今回の集まりでは、「ピアノを見るのは学校の講堂以来」なんて人もいらっしゃって、ピアノを見ただけで既に満足度アップです。個人レッスン用のピアノの部屋にわたしを入れて五人も詰め込まれているのに、文句も言わないで喜んで下さって恐縮です…
 

「今日は何を弾いてくれるの?」「バッハのパルティータにしようかと思うのですが…」
わたしがスタンバイしてもお喋りは止まりません。隙をついてプレリュードをとにかく弾きました。普通なら、最後のジークまで集中して弾きたいのですが…プレリュードを弾き終わったところで「凄い良い音、癒されるわ〜〜」感想とそれにまつわる話が止まりません。声もデカイ。
 

s-flower0999
 

音楽大学でも同じ光景を何回も見ました。ボディテクニックの講義、バーレッスンでもセンターでも、一つ終わるごとに「難しい~、出来ない~覚えられない~無理~身体が痛い~そんなに曲がらない~」ほかっておくと感想を口々に語り出して、しかもドンドン声が大きくなって盛り上がり先に進まない、ので先生が必死になって黙らしていました。
 

「絶対なんとかってすごいわね。知ってる?壁を叩いた音もなんの音が分かるんだって。」「それは絶対音感よ、孫が音感無くって。」(お孫さんいるんだわ、そんな歳に見えなかった、太極拳終わったばっかなのに疲れてなさそうだし)
 

いやいや、年少のお子さんは歌っても上手く音程取れないのが普通だし、壁叩いた音が階名で聞こえてもウザいだけでしょう…とツッコミも入れられないくらい圧倒されつつ会話を聞いていると、この方はお琴をされていて、和のものをお師匠さんについてシッカリお稽古されている方だそうです。思わず、絶対音感いらないじゃんと思ってしまいましたが、絶対音感ってあったら何か良いことがありそうな気がするみたいですね。
 

結局、パルティータはジークまで辿り着けないで終わってしまいました。
 

ピアノ、伴奏合わせに来たソロの方や生徒さんなど音楽関係(生徒さんの保護者様を除く)以外の方がレッスン室にいらっしゃったのは初めてかもしれません。
 

言葉では上手く言えないのですが、そうなのか、なるほど…と思うことがいっぱい有りました。コラムの内容も専門馬鹿になっているところも無きにしも非ずかも、と少し反省です。
 

ちなみに、この日のメンバーで、オバさんでなさそうな人も混じっていました。その方もわたしと同じくらいの声量で、やはり周囲に圧倒されている風で、チョット救われました。
 

IMG_3350

音を感じる力 2

s-onpu448
 

「音を感じる」…
 

色んな意味があると思います。
 

耳に届いた音に反応する、例えば音名や音の相対関係が判別出来る。リズムが頭の中で音符になって即座に理解出来る。書き取り聴音をすると、この手の能力と理解度は白昼に晒されます。だから、音大音高の入試試験では試験科目に入っていることがあります。
 

クラシックの和声感とポピュラーでは大分違います。例えばジャズの人は、階名で下から「ミ ラ レ」という和音が聴こえたら、「ドミソ」つまり Cコードに聴こえます。これはベースの音、この場合は実際には鳴っていないbassの「ド」の音頭の中で一緒に聴いているからです。
 

その続きで、ジャズのピアノソロの場合、頭の中でベースやドラムスが鳴っているのに合わせて演奏しているので、所々で根音を省略(クラシック的な言い方ですが)したり、またはベースラインを弾いたり、単調にならないよう音をチョイスすることが出来るわけです。
 

リトミックの創始者、エミール・ジャック・ダルクローズは、このような内的聴覚の事をインナーイヤーと呼んでいました。ダルクローズは音楽大学の学生に内的聴覚が必要だと考えていました。彼の求めていたのは「音感、音程、調性感、和声感が実際に音を聴かなくてもわかる」レベルです。
 

なぜなら、ダルクローズは1865年生まれの作曲家だからです。この頃はパソコンがありませんでした。
 

例えば…
 

オーケストラの曲を書くとします。いちいち音を出して確かめないと書けないなら、書いている間自分の側にオケを置いておかなければならなくなります。大変、非現実的な作曲の仕方ですよね。
 

作曲科の学生は、一生懸命この能力を磨くわけです。和声の課題を解きフーガを書きそして管弦楽法を学び、素晴らしい過去の作品を写経?もします。ダルクローズソルフェージュはこの能力を得るためのトレーニングだったのです。
 

幼児向きの音感教育法の知られているリトミックのソルフェージュが、実は敷居が高いとわかったところで。
 


 

21世紀、自宅にパソコン、スマホを保有している人が殆どの現代、頭の中で音を鳴らさなくても、MIDIで音源を繋げばキーボードが一台でたいていの音は鳴らしてもらえるようになりました。曲を作ったり、書いた音を確かめるのには大変便利にです。これらDTMの初期費用は10万円くらいです。
 

その初期費用さえケチるとなると、やはり、経験を積んでインナーイヤーを鍛えるしかなくなります。適当でよければ、それ程難しい事ではありません。例えば、ピアノコンチェルトはピアノソロと大体同じメロディをオケが演奏してくれる場面が多々あります。
なので、「こういうピアノ曲だとオケにするとこんな感じのアレンジ」って、とても参考になったり、わかりやすかったりします。
 

頭の中にチープでも音源ソフトがあれば、ピアノ譜を見ても勝手に管弦楽に置き換えて鳴らしてくれたり、または譜面に書かれていないオーケストラの呼吸みたいなものも、感じることができるかもしれませんね。
 

そういえば、私も吹奏楽部の生徒さん達から、クラリネット二管とピアノ伴奏で吹けるように、「トトロ」と「もののけ姫」の挿入歌のアレンジを頼まれたとき、テレビでオカルト映画を見ながら書いてました。テレビが付けっぱなしで、ながら見だったのですが、頭の外で悲鳴やその他のBGMや効果音が鳴っていても、あんまり気にならないものです。(かえって静かだと気が散ってしまって・・)
 

音を聴く力とは「聴こえていない音を主体的に創造する力」なのだと思います。ですから、ソルフェージュの力を単に絶対音感に置き換えて発信する教育機関は少し偏りすぎなのではと感じるこの頃です。
 

音を感じる力


 

お子さんの場合、引っ越しなどのご都合で、新しい先生を探さないといけない時があります。今までの先生良い関係を築いてた場合辞めざるおえないのはさぞかし残念だろうなと思います。体験レッスンではそのような生徒さんと出会うこともあります。
 

教則本の書き込みやちょっと付箋に貼られたメモなど、これまでの先生が、どのような事に気を配られて教えてきたのか垣間見れますし、愛情も感じられます。「手首の動きに気をつけて下さい。頭のいい方なので理解されていると思います。」多分、レッスンに同行できなかった保護者様宛のメッセージなのでしょう。その方の手や腕は無理のない綺麗な動きかたをしていました。
 

私は初めて出会う生徒さんが、何を感じて何を思って曲を弾いているのか、興味があります。前の先生の書き込みも興味津々です。未就学児から小学校低学年までなら、1日30分目安で練習すれば、達者に弾けるようになります。メカニックが強いお子さんは、練習時間を確保して毎日毎日頑張って練習したのだろうと思いながら聴いています。
 

よく弾き込んだ曲はかなり難しくても上手に弾けるけど、知らない曲にはどう対処するのかな?とか、初見演奏や譜読みの仕方も気になります。
 

それから、ピアノを弾くのが楽しいのか、今弾いている曲が好きなのかも気になります。
 

曲に対してイメージが湧かないまま弾くと、指の運動になってしまいがちですが、初心者や子供の教則本の多くは、曲番号の他、タイトルとちょっと気の利いてた挿絵が付いていたりします導入期な本には歌詞まで付いています?先生が挿絵に注目させなくても目に入って来るので、少なからず演奏に影響かありそうです。
 

(ラーニングトゥプレイ1巻の「ノアの箱舟」の歌詞、頭の中でリフレインします。「お船の中は、トラ、カバ、キリン」なんでノアの箱舟に乗った動物がこのラインナップなのか…のように、不思議なフレーズも有ります。)
 


 

なので、前の先生がどのような教則本を選んでいたかも、過去どのようなレッスンを受けていたのか知るヒントになります。「キチンと弾いているけど、強烈に音が汚い」とか、「スラスラ弾いているけど、左手のハーモニーとメロディが合ってなくても平気」なんていう方も来ることがありますが、実際に私のレッスンに来ることになると、今までしなかった苦労をしてしまうのかなぁ?と思うこともあります。
 

例えば…
 

私が体験レッスンの時よく口にするのですが、「この曲はどんな感じがしますか?曲のこの辺りは楽しい感じですか?悲しいですか?」は、同行された保護者様が、「今までの先生から一度も尋ねられたことがなかったので、その質問にはうちの子は上手に答えられません。」とお子さんに代わって答えらたことがありした。
 

でも、音を聴いて心が動くということは、ソルフェージュ能力の一番基本だと思うので、熱心に‘書き取り聴音’をする以前に意識してもらいたいところです。
 

と、これは教育的な観点で。本音のところは…
 

導入期の教則本の2巻目くらい、シャープやフラットが出てくる時期に教材として、フラットは‘短調’つまり『ハ短調で「ミ」にフラットがつく曲』が来ることが多いです。シャープの場合は、調性外音が多いです。装飾的につくか、また多くは借用和音です。
 

5度上調に部分転調するためのドミナントの和音で臨時記号のシャープが出てくることがあります。大抵はハ長調の曲なので、「ファ」にシャープがついて『ト長調』に転調します。こんな高度な和音が意外と早く登場するのですが、スルーする先生も多いのです。でも私には借用和音で転調することは大変テンションが上がることなので、ついつい熱く語ってしまいます。そんな時に、生徒さんが共感してくれると嬉しいものです。つまり・・・「同じ花を見て美しいといった二人の心が…」なんて昔フォークソングがあったような気がしますが、「同じ音を聴いて、色々いい合える生徒さん」とレッスンしていた方が、レッスンしている自分が楽しいからです。
 

メロディライン、和声進行、和声のつながりが作り出す大きなリズムから感じ取ったものを演奏する方が、ただ弾くことだけに一生懸命で何も感じないで弾くより幸せなことだと思います。小さなお子さんの『指のメカニック』と『感受性』をバランス良く伸ばしていくことは先生にとってはやりがいになるのだと思いますし、自分に取っても課題としているところです。そして最も大切なことは『メカニック』と『感受性』が、「作曲家の意図することを読み取りそれを実演で表現する」ための『テクニック』に結実していくことだと思っています。
 

どんな楽譜を選びますか?

s-onpu426
 

楽譜を買いに行くと、ピアノって楽器はすごいなって思います。紀伊国屋のような一般書店でさえ大きな棚一面がピアノの楽譜でいっぱいです。ギターやバンドスコアが置いてあるようなポピュラーなコーナーさえ、ピアノの教則本やらアレンジ、フレーズ集で溢れています。ましては大手楽器店の楽譜売り場クラシックのコーナーなんて、フロア中の棚がピアノの楽譜で占められています。望みの楽譜を探すのも大変で、だから楽譜売り場の書店員さんは、音楽大学を出たような、音楽の専門知識が高い人です。実際。私の同級生もYAMAHAに就職して楽譜売り場に配属された人がいました。
 

最近は通販で楽譜が買えるようになって、書店や楽器店まで足を運ばなくなりました。お目当がわかっていたなら通販の方が「検索」して在庫があるかないかすぐわかります。便利ですね。でも大規模の楽譜売り場に足を運ぶこととはとても大切です。実際に楽譜を手にとって中身を確認しないとわからないことも多いからです。
 

音楽専門の学校に行っているような専門の人のピアノの部屋には、楽譜が溢れることになります。同じ曲でも版違いで幾つか持っているからです。ショパンだけでも「パデレフスキー版」「コルトー版」「エキエル版」など思いつくだけでも幾つか版がででてきます。師事した先生によって指定する版が違ったりするので、その都度買い揃えることになるからです。
 

原典版(可能な限り忠実に作曲家の意図を再現することを目的とした楽譜の版、)といえど出版時には校訂者がいるわけなので、同じウィーン原典版でも、新しい版と古い版では曲数が違っていたり、指使いが変わっていたり、と違いがでてきます。(原典版は輸入楽譜でドイツ語表記の場合でも、表紙にUrtext Editionと書かれているので目印になります。) 

s-onpu448

 

例えばショパンの場合、「パデレフスキー版」での演奏や録音がされている音源を一般には耳にすることが多いです。「あの名演と同じ曲を弾きたい。」と思った場合、版が違うと、CDで聞いた曲と「音」や「曲の長さ」が違っていて違和感を覚えることがあります。「パデレフスキー版」は長い間決定版のような扱いでしたが、ショパンコンクールでは「エキエル編ナショナル・エディション」が決定版になっています。古い版より最近の研究が反映されてより作曲家の意図を再現できている、ということなのでしょうね。(特にコンクールの場合は、同じエディションに統一しておかないと審査も大変なんだろうと思います。他の楽譜と「音」の違いが多い「パデレフスキー版」は、残念ながらショパンコンクールの決定版ではなくなってしまいました。)
 

でも、ご贔屓のピアニストの演奏を聴いて好きになった曲があるならば、無頓着に楽譜を買って違和感を覚えながら練習することになるより、そのピアニストと同じ版を使った方が良いと思います。
 

誰かに師事しているなら、先生に直接「何版の楽譜を買ったらいいでしょうか?」と聞くのもいいでしょう。楽譜売り場に行くと装丁が洒落ているレアものがあったりします。自分が気に入った楽譜を使うものいいでしょうが、外見だけで選ぶと中身がひどいこともあるのは世の常なので、その覚悟さえあればとりあえず購入してもいいと思います。
 

私もドーバー版の「表紙がルノワールの女の子の肖像」に惹かれて、しかも「激安」なラヴェル全集を買ったら、音の間違いだらけだった覚えがあります。ピアノ仲間もアンティックなショパンのバラード1番の楽譜を見つけて喜んでいましたが、紙質も含め中身はそれなりのようです。
 

s-onpu425
 

例えば、シューマンだと「ブライトコプフ版」が好きな先生方がいらっしゃいます。なぜだというとシューマン夫人のクララ・シューマン編集版だからです。音大の先生だとラヴェルなら「デュラン社」を指定されるときがあります。やっぱりラヴェルなら「デュラン」とか「オリジナル」とかの文言が楽譜の背表紙などに記されているものが無難なようです。このように、作曲者で出版社を変えて指定する先生もいます。
 

好き嫌いや特別な趣味がなけれは、原典版がいいんじゃないかと思うので、私の場合ですが、とりあえずは「ウィーン原典版」か、「ヘンレ版」たまに「ペータース版」も買うことがあります。(ペータース版が最初に日本に入ってきたのは明治時代だそうで、以来今日もずっと変わらず、黄色に黄緑の装飾の枠のデザインを守っているそうです。)
 

楽譜は必ず校訂されているので、校訂者が誰なのかも学者肌の先生にとっては大切だったりします。とりあえず、レッスンに出所不明のピースの譜面を持っていくことは御法度です。何か楽譜に問題があった時に、先生にいちいち原典版を調べさせたりするのも失礼だし、これから勉強しようとしている自分に対しても粗悪な譜面を使うことは失礼です。‘ベートーヴェンの悲愴の2楽章だけ弾きたい’と思っても、きっと「ベートーヴェンは一曲全部知った上で2楽章を弾いて欲しいだろうな〜」と思って、ちゃんと全楽章の譜面を持つべきだと思います。(確かにヘンレ版は重いですが、持ち歩きにはコピーを持つなど工夫するといいと思います。これも先生次第ですが、中にはコピーを嫌う先生もいらっしゃるので、レッスン前に了解を取った方が無難です。)
 

私は、そんなに厳格ではないのですが、全音版やJ.Sバッハの春秋社版を使うなら、原典版を意識してもらうようにしています。(日本の出版社は確かに日本人には使いやすく勉強しやすくできています。TPOに合わせて上手に使うと、いい参考書代わりにもなります。それと粗悪な楽譜としてブランディングされていた全音出版も方向転換して、最近は良書?が増えました。安価でオススメの場合があります。)
 

ところで、以前こんなことがありました。出先で知り合いからメールを受け取りました。「ショパンの革命のエチュードの左手の○小節目に付点のリズムがあるか調べてくれる?」同行していた友人が呆れて「あるわけないじゃん、試しに何版を使っているか聞いてみて。」と言います。すると「ドレミ出版らしいけど、何かの雑誌の付録についていたピースじゃないか」という答えが返ってきました。その知人はピアノの先生で、その怪しい楽譜を生徒に貸そうとしているらしい。しかもその楽譜しか持ってないそうです。それを聞いた友人は一言「恥ずかしいね。」と言いました。確かに、これから教えるのに怪しい譜面しか持っていない状態はおかしいし、勉強不足を友達に公表することなので、私が同じ状況なら人知れずこっそり調べるだろうなと思いました。
 

何事も、相手が先生だと親切に教えてもらえますが、友人知人くらいだと誰も「知らないと恥ずかしいこと」だと教えてくれません。陰でバカにしているだけです。「たかが楽譜一つ、どれでもいいのに細かいことを言われる。」と思うこともあるかと思いますが、こだわる先生や演奏家にとっては物凄く大切なことなので、たとえ趣味の範囲であったとしても心に留めておくといいと思います。そして、自分自身が「良いな、気に入ったな。」と思う楽譜で勉強しましょう。
 

IMG_3171

発表会の準備

新年会が終わって、早5ヶ月経過してしまいました。さて、発表会どうしようか迷ったんですが、いつもお手伝いしてくださる保護者の方に「この春入会した方もいらっしゃるし、やりましょう!」と背中を押してもらって7月23日に会場を取りました。
 

今年の発表会は、ここ「KMアートホール」です!!
 

DSC00981_convert_20120108095812images
 

アクセスです。(普通の邸宅に挟まれていて、まずは通り過ぎてしまいます。一階エントランスは受付として使えるようになってます。少し急な階段を下りていくと大変奇麗で80席以上の空間が広がっていました。オーナーさんは普通っぽいオジさんでやはり大変親切。何と1時間ピアノ込みで4000円だそうで、10時間使用してもトモノホールの半額です。ピアノは小振りなスタインウェイ、マホガニーで今では製造されていない型だそうです。推定100年経っているピアノですが,調整が良いのと弾き込まれていない感じで新品のようでした。音響も良くフラットな床にピアノが置かれていて,囲むようにパイプ椅子を並べるのが一般的なようです。こちらは ピアノソロのほか室内楽や声楽 サロンコンサート用です。大きめの給湯室の様な休憩室で飲み物も飲めるそうです。また、会場を出たら近隣のワールドワイドなサクラホテルで飲食ができます。)

 

images-1

 

会場を押さえたのが先月初旬です。スタートから遅すぎです。
 

だから、あっという間に2ヶ月切ってしまいました。大変です。
 

あとは何を考えてたら良いのかな…。
 

生徒さんもソロソロお尻に火が付いてくる頃です。大人の生徒さん方は、既に幾つかレパートリーをお持ちなので安心です。小学生以下の方は、あんまり早くから練習すると飽きちゃうので、何を弾くか決めるのは、これからになります。が、子供はシッカリしています。実は講師演奏のほうがよっぽど心配です。
 

何十人も出演者の皆がいないので、ソロの以外のプログラムも無いとあっという間に発表会が終わってしまいます。アンサンブルや連弾も希望者を募らなければ。
 

今回はミュージックベルを演奏する人がいらっしゃるので、ベルを会場に運び込むことになります。だったら活用した方が良いので、トーンチャイムとコラボもしようかな…そうなると、トーンチャイムの曲も早めに決めて、ミュージックベル用の楽譜も書かないと。
 

トーンチャイムの楽譜も綺麗に作り直しました。
 

946470_729448690522601_8000050059198454105_n
 

折角、半年振りくらいで集まるので、半日はたっぷりピアノを弾くand楽しみたいです。
 

発表会はBINNGO、クリスマス会はプレゼント交換が習慣になっています。参加者には、500円プラス消費税くらいのプレゼントを中身が見えないように梱包して持ってきてもらいます。ビンゴカードはマス目が3×3なので、あっという間にビンゴになるはずなのですが、たまに中々にビンゴにならない不運な人もいるんですよね。
 

先月、小田原箱根方面に旅行したお土産はそのまま「お楽しみ抽選会」の景品にしました。そういう、どうでも良い準備は終わりました。
 

(以前は「シアトル帰りの友達からお土産にもらった、ベートーヴェンのトルソー(小)」とか、また、ある時は「アラブ首長国連邦みやげの音楽ノート」。そんな怪しくも珍しい頂き物を、参加者全員参加の抽選会で当たった人にプレゼントしたことがあって、ベートーヴェンのトルソーなんかデスマスクみたいで超怖かったんですが、当たった子は大喜びしていました。
 

それから、どこかに旅行した際のお土産などを、抽選で当たった人から好きなものを選んでもらっています。先生からのささやかなプレゼントです。)
 

ところで、プログラムを自作できるようになったせいで、いつも結局は土壇場でバタバタ準備することになります。印刷屋さんに出さないといけないと、だいぶん前から原稿を書き上げて印刷を頼まないといけませんが、自分のパソコンで作ったものを自宅のプリンターで印刷するならば、極端な話、発表会に間に合えば良いわけです。って、プログラムは発表会の前のレッスンでお渡しするのが本来の姿かもしれませんが、2005年に初めて会場を借りて発表会をした時から、当日に受付時のお渡しになってしまっています。一生懸命作りますのでどうか楽しみにしていてくださいね。
 

ちなみに新年会のプログラムはこんな感じでした。
 

img_2774.jpegimg_2775.jpeg
 

今年の発表会も頑張ります!!

 

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930