トップへ戻る

活動情報

コラム

小さなお子さんのプレソルフェージュ&プレ楽典

小学生未満の小さなお子さんのには、お絵描き気分で音符やト音記号を書いたり、小節を、お部屋に見立てて音符カードを並べてみたり…なるべく「抽象的なものを、見ただけでわかる」ように視覚化していますので、落書き帳は本当に重宝しています。五線ノートのように小さいところに書くのではなく、大きなものを視覚に入れると理解度がぐっと増します。

 

 

…だけではありませんが、こんな風にプレ楽典の勉強をしています。

 

 

小さい子のソルフェージュは、ふわふわした感じ、とか 重いなぁ〜 とか、五感で感じる事から入ります。雲の音楽は?雷は?落ち葉が舞うのは?…没頭してくれます。小学生になってしまうと遅すぎで、もう相手にしてくれません。

 

 

あぁ、そういえば付き添いの保護者さんが、お子さんよりノリノリです。4歳児くらいだと、季節が4回しか回ってない上、最初の一回目はまだ目が見えてないくらいなので、実は大人に比べてお子さんの方がイメージを持ち辛かったりします。

 

 


↑  写真は「雲」「落ち葉」「雪の結晶」

 

 

模造品の落ち葉を教室中に撒き散らして「まぁ、ホンモノそっくり、きれいだわー!」と、その場をお母さんが引っ張ってくれるんですよね。ありがたいです。

 

 

…という訳で、ちまたに親子リトミックの教室がいっぱい有るのは、よく分かります(汗)

 

 

話が横道に逸れました。情緒的、感情的なものを、身体を使ったり声をだしたりして、表現出来るのはこの時期だけだと、教えてくれたのはペースメソッドの先生でした。実際ペースの教材はこの時期のものが、とても充実しています。

 

 

ペースの楽譜は五線譜を使いません。線読み(音が上がっている、下がっている、同じ、を前の音と比べながら読んでいく譜読みの仕方)が習慣になるように、噛み砕いて線の数を減らしたりして、楽譜を簡略化しています。

 

 

でも、結局大譜表を覚える訳なので、その間に覚えなおしが沢山あると、子供達は嫌になってしまいます。だから私はどんなに小さくても、五線譜から始めるようにしました。

 

 

教える側にしたら導入が一番難しいのです。でも習い始めのお子さんの方が、何倍も難しいことにチャレンジしているのだから、私も知恵を絞って、楽しいレッスンになるように頑張っています。

 

 

yjimage

小さなお子さんのリズム感と音価の理解

毎日寒いですね。しかもこの一週間の日照時間が過去にないくらい少なかったとか・・。

nanohana_06

MYMUSICでは、未就学児童のピアノのレッスンについては、その人その人の個性に合わせています。じっと座っていられる子もいますが、飽きちゃう子もいます。書くことが好きな子もいれば、動くのが好きな子もいます。特に阿佐ヶ谷教室は広いので、動き回る人には天国です。

 

 

ザックリ「座り続けるより動くのが好きなお子さん」と「座って何かをするのが好きなお子さん」の2タイプに分けられそうです。

 

 

たいていの教則本は、音の高さの表記や説明が後まわしになっていても、まず四分音符が出てきて、次が二分音符で、それから全音符です(それだけリズムや音価の理解が大切ということですね。)。書き書きすることは、どの子も大好きなので、100均の大きな落書き帳に音符を書いてもらいます。

 

音符にあだ名がつくことがあります。四分音符は「やせた(痩せ)たさん」二分音符は「太ったさん」付点二分音符は「でぶっちょさん」。「やせた やせた ふとーった」と言いながら動いたり、クラップしたりして体でも覚えてもらった人もいます。

 

 

 

 

動くことが好きなお子さんは、ステップを照れずにできます。座っているのが好きな子は、画用紙の前で自分で描いた絵を見ながら手を叩いています。

 

 

言葉遊びで拍子感や拍節を体感してもらうことも多いです。

 

 

実は、4歳児5歳児の感受性はこの年齢独特なものだと、ペースメソッドの講習会で教えていただきました。固定観念や論理的に考える習慣がまだないからかなぁと思ったりしますが、感じたままに受け取る力が優れていますので、いっぱい音楽に触れさせてあげたい年齢だと思います。

 

illust10_thumb

 

手の小さいこと と イメージ力1

銀座のYAMAHAでイリヤ・イーティン ピアノ公開セミナーがあるという情報を手にしました。手が小さかったり、怪我で思うように弾けなくなった人が、楽に弾けるようになる奏法を教えてくれるそうです。

 

 

ふ〜ん、と他人事の様に思っていましたが、そう言えば私もMYMUSICの生徒さん小学生以下まで含めた時、手の小さい方から3から4番目くらいだわ、と。身長と足の大きさはもっと簡単に抜かされるんですけど(涙)。

 

 

「手が小さくて苦労して可哀想だね、よく頑張って弾いていますね。」という言葉をかけてもらったことは今まで皆無です。ピアノは他の楽器に比べて身体的なハンディがつきにくいのかもしれませんね。手の大きな同級生からは、「手が大きいんだから弾けて当然なんて思って欲しくない」と言われました。実際10度が届かなさそうな手や身体の小さなピアニストが大勢活躍していますし。

 

 

私も、手が小さいだけでは苦労を感じたことがありません。誰でも朝起きたら急に手が縮んだという経験はないですよね。そんなことでもなければ、手が小さくて弾きにくいと感じる経験は持たない筈です。ただし怪我で充分手が開かなくなる様なことがあれば、上記の様な公開講座は本当に救いになると思います。それに、後期ロマン派のラフマニノフやスクリャービンは手が大きいほうが楽そうですよね。

 

 

で、公開セミナーに行こうかと思ったら、満員御礼だそうです。重い腰がやっと上がったのに残念でした。手が小さかったり怪我をしたりだ悩んでいる人が、けっこういるのかもしれませんね。

 

 

手の小さい人は、脱力してグニャッとさせた手で軟体動物みたいにしていると、結構大きな和音もつかめたりします。前のブログではないんだすが、「力きみがある」と掴めるものも掴めなくなります。

 

 

すごい前ですが、牛角で「枝豆つかみ放題280円」のメニューがあったので、やってみました。最初に枝豆のお皿いっぱいに手が広った私の手を見て、店員さんが唖然とした表情になりました。で、そのままお皿に手を入れて引き上げたら、枝豆が食べきれないくらい掴めていました。

 

 

目の前が鍵盤だと大きな和音が掴めない人がいます。「前に有るのがつかみ放題の枝豆が入ったお皿だと思って!」というと重音が綺麗に弾けたりします。自分の手が小さいと思っている人ほど有効なアドバイスです。

17309104_PW36

「枝豆つかみ放題」と言うと、鍵盤に対しての手の角度や手の広げ方が、変わるんですよね。ちょっとしたイメージを持つことでテクニックが楽になることってたくさんありそうです。

力みを取るためにすることは・・・

我が母は70代後半ですが、テニスを続けています。運動神経は良い方らしいです。学生時代はバトミントンの大阪市の大会でメダルをいただいたそうです。子供が小学生の時からママさんバレエを初め、母のチームは、勿論母の熱意と実力だけじゃないのですが、名古屋市の大会では結構強いランクまで上がりました。

 

 

その後色々あって最終的にはテニスを始めました。母親は勝ち負けがないとつまらないそうです。とは言っても、自分の年齢より10歳から20歳くらい若い人に混じって、ゲームをしていると負けばかりらしい・・。「歳を感じた」と言い出したのでやめるのかと思ったら、「コーチがついた」そうです。で最近調子がいいそうで・・ 好調の原因がちょっと面白かったので、書いておこうと思いました。 漫画家の西原理恵子が「身内の恥だろうか、なんでも書いて売る」みたいなことを言っていましたが、似たようなノリかも・・

 

足が思うようについていかず、ボールの勢いもない・・が続いていた時に、コーチから一人だけ特別メニューで特訓をされたそうです。『コーチが手投げしたボールをコーチに返球する』ですが、コーチが手投げしたボールを手で直接受け取るので、ソフトに返さなくてはなりません。「まだ痛いですよ、もっとソフトに受けられるように!」と檄を飛ばされているうちに、足が軽くなってきて、球速も早くなったのだそうです。

 

 

untitled

 

母が言うところですと、頑張って打っていた時は力がラケットで止まってしまって、ボールも『硬い球』にはなるのに球速が出なくて、足ももたついて体の動きも悪かったそうです。対して、軽く打った方がラケットからボールに上手く力が伝わるようになり、自分も楽になったそうです。

 

メンタルではコーチから「何にこだわっているのか?」と自己分析させられたり、他の人はゲームをしているなか、一人だけの特訓をさせられたことで「自分は本当に下手なんだ。」と気づいたら、力みが取れて楽になり、それがプレーに表れてきたので、自信になったそうです。

 

母は「普段は4ゲームで疲れていたのに、ここのところ6ゲームを他の人と同じよう参加できるようになった」と喜んでいました。

 

どこかで聞いたような話・・・、力んで頑張るとピアノも『硬い音』で答えてくれます。自分も疲れるし、指も絡まってもたついたり、ミスタッチにつながるし良いことありません。「硬い音」=「硬い球」、「ミスタッチ」=「返球ミス」なのかな?体を使うことは皆同じですね。

 

 

今回、母は「メンタル」と「体を使うこと」の力みを一発で取り去ってもらいました。身の丈に余るような優秀なコーチについているんでしょうね。

 

 

 

untitled

写真は実家の猫ミィ、とても凶暴です。

ピアノの練習に隙間時間の活用を

ピアノの練習=弾けない曲を弾けるまで練習すること

 

 

根本的にこの構図が間違っているのではないか…と。特に中高生以上の大人の場合ですが。 そんな話を生徒さんと阿佐ヶ谷教室帰りに話していました。

 

 

弾けないのには原因が有るので、原因を取り除いてから取り組むか、自然に弾ける様になるまで待つのが、賢明ではないかと。取り敢えず、子供の頃に先生から言われた繰り返し練習はしちゃダメだよね。という結論になりました。

 

 

弾けない、とか譜読み出来ないのは、きっと原因があるはずです。

 

 

1.作曲者の作風に慣れていなくて、ソルフェージュ能力や認知機能が働かない。とか、

2.テクニックや弾き方が間違っている。とか、

3.手の筋力と柔軟性の欠如で弾けない。とか、

4.自分には難曲だと思って、はじめから心が折れている。とか、

 

 

…残念な懸案事項がいっぱい出てきそうです。

 

2のテクニックの修正は、今までの習慣で弾いていたのを意識して直すので、時間がかかることもありますが、練習が正しい方向に進めば、新しいテクニックを自分のものにすることが出来ます。弾ける楽曲の幅もうんと広がります。

 

わたしならですが、1と4なら焦って弾くのを回避して、数ヶ月経ってから見直します。それを何となく繰り返して、ちょっとチャレンジしてみようかな。と思えるまで、違う曲を弾きます。ピアノ曲は多数あります。わざわざ弾くのが苦しい曲を長々と練習するより、楽しく弾ける曲を弾いていた方が、人生の音楽時間を有効に使えそうだからです。

 

問題は3です。「弾けるまで練習する」のが、危険な場合があります。演奏するに足る筋力が伴ってなかったら、本来なら演奏するのに使わない他の筋肉で力を補おうとします。身体に無理が出ない範囲なら大丈夫なのですが、極端に無理な使い方をした場合、取り返しがつかない故障につながります。

 

3は、ピアノから離れたときにプラクティスの時間を持つだけで、格段に弾きやすくなります。ピアノを弾いている最中に、親指の関節が引っ込まない様に根元から動かす練習をする。または、親指の付け根の水かき部分をら柔らかくする為よく揉む。くらいは電車で一駅か二駅移動する間でもできます。

 

 

1と4は放置。3はピアノを弾かずに解決する。実際ピアノを弾くことで解決するのは2だけです。が、この場合でも、弾けないものをガリガリ繰り返し練習するのは最も効率がはず悪いです…

 

 

ね…。っていうところで、その生徒さんとの分かれ道に差し掛かりました。

 

 

手を作るのは、ピアノを離れた時間にする。ピアノを弾くときは、より音楽的な課題に取り組むようにする。ピアノを弾いて指を強くしたり、または、負荷をかけた弾き方で練習をするのは危険なことかもしれません…と、これはU先生の意見です。突っ込んだ話をしていかないと、中々聞けないお話でした。

 

 

先ほどの生徒さん、「今までの先生は誰も教えてくれなかった。」と不満顔でした。どんな先生や生徒さんも、レッスン時間は弾ける弾けないに終始しがちです。 習う方も、たまには「練習してきたものを聴いてもらう」だけでないレッスンにしてみると、意外と良い情報を先生から引き出せるのかも知れませんね。  

 

 

 

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2022年7月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031