トップへ戻る

活動情報

コラム

緊張を感じながらのパフォーマンス

sak0056-024

先日、四谷区民ホールで「さわらび会」というA先生関係の発表会に出演してきました。元々A先生のご親族で、子供時代からの先生が「さわらび会」を主催されていたのですが、恩師のその先生は亡くなってしまい、音楽家であり、また優れた指導者でもある、2人のお嬢様方が後を継がれました。なんと今年は「第54回」です。

 

この会は4歳のお子さんからプロの演奏家までが、順々に演奏するのですが、その子供たちが本当に堂々として上手なのです。幼い頃から一緒に練習してきた仲間がいることはすごいことで、中高校生大学生くらいになると本当に和気藹々としていて、リハーサルで集まっているだけでも楽しそうです。いい教室だなぁと思います。

 

私は社会人で、国立音楽大学でピアノを弾く仕事に従事していたことから、プロの演奏家が出るグループの最初の方に弾かしてもらっています。なぜか妙に緊張する雰囲気で、個人のリサイタルや沢山のアンサンブルの仕事をされている先生方でも、お伺いすると「さわらび会は本当に緊張する」のだそうです。私も周りのレベルが高すぎて、すごいプレッシャーです。

sak0079-049

 

本番でミスタッチ、ミスノートがあったら「死んでおしまいなさい!」「お死に!」(オネエ言葉で怖さ100倍)くらいのことを言う先生が音楽大学には大勢いました。大学受験や学内の試験でミスタッチは点数を引かれる恰好の対象になります。今でも “音楽性より前に完璧さを求められて、のびのびと演奏できないのはつまらない派” の先生は学内では少数派なんでしょう。

 

A先生は ‘完璧な暗譜’ と ‘ミスのない演奏’ ‘細部まで練られた音色’の3点はまず要求されますので、家で練習している時もどこかで常に頭に残っていておろそかに音を出すことは無くなっていました。良いアウトプット(暗譜での演奏)ができるようにするためのインプット(譜読み)の方法を模索する習慣もつきました。厳しく指導してもらい本当にありがたいことです。

 

ただ、A先生にとって一番大切なのは、‘完璧な暗譜’ と ‘ミスのない演奏’ が当たり前にできた上で ‘本番でどれだけ自己を解放できるか’ です。

 

私は本番でピアノの蓋にピアノの弦や共鳴板が写ってるのを見ながら弾くことがあるのですが、気持ちが上がるとどうしても視線も上に上がっていきます。今回の本番中も蓋の裏を見て、その先の天井まで視線を上げるかどうか・・戻ってこれなくなっちゃうと怖いのでやめました。が、恐ろしいことに、その時の所作まで見られていて、「自己解放度が120パーセントでなかった」とのご指摘がありました。

 

昨年の会では、ミスタッチを全部数えられて「あんな箇所をどうして外すんですか?」とさらっと言われて終わったことを考えると、私なりに一年で進歩したのかもしれません。それにしてもA先生も出演直前であることを考えると、こんなにきちんと観て聴いていただけること、本当に感謝ですね。

 

「さわらび会は」自分自身の成長度合いを測るいい機会になっています。とても怖い本番ですけど。地に足が付いていないような気がして・・・と一様に出演する方がおっしゃられます。本当に9階にあるホールなんです。もう大分慣れましたが・・・新宿御苑の桜は三分咲きでした。

 

53_13647343

 

 

様々な運動の経験はやっぱり必要?!

sak0072-009

私はダルクローズメソッドを音楽大学で知りました。即興演奏や作曲に興味があって、作曲科を受けると勉強が限定されそうだし、とりあえずのピアノ科とかけて受けるのなら、国立音楽大学のリトミック科(通称)を受験することにしたのです。体育の時間は着替えるのすら面倒で大嫌い!まさか大学生になって、こんなに体を鍛えさせられるとは大誤算でした。一年生の夏休みまでに、猫背が矯正されるほどの「地獄」を経験し、身体に対する考え方も180度変わってしまいました。

 

高校生まで、「音楽と身体が影響し合う」という発想はありませんでした。「大きな筋肉運動の経験から微細な筋肉の運動に繋げていく」。例えば、足で歩いたり跳んだりする筋肉の感覚をピアノの鍵盤上の手の筋肉運動と関連して筋肉の感覚で音楽の表現の幅を広げるのは、とてもわかりやすいと思います。

 

私は、バレエとヨガだけだったのですが、あまりにも体が硬いのと、バランスをとる体幹の筋力がなさすぎたので、ご近所、中野区鷺宮駅前のフィットネスクラブに通うことにしました。春先になると股関節が痛くなる症状が続きバレエを中断、股関節に無理のないプログラムが有るフィットネスクラブだけ続いていました。

 

スタジオプログラムには、様々な動きが体験できるので、つまみ食い状態でしたが経験のなかった「ヒップホップ」や「ソウルダンス」「ボクササイズ」で今までなかった感覚を使ったり、振り付けを一生懸命覚えたり、脳トレにもなりました。

 

インストラクターの先生は、私のことを「何か音楽関係の人だろう」と思ったそうです。と後から聞きました。

 

先生とあらたまってそんな話を何故したかと言いますと、その古ぼけた、料金もおやすく通えたけど、ロシアンルーレットくらいに命がけで通った(躯体が古すぎて次の大地震があったら必ず天井が落ちてくると想像できたため)フィットネスクラブが3月末日で閉館してしまうからでした。

 

次はどこに通うのか・・会員の方々の話題もそればっかりです。私も上手に利用して、レッスンでも生かして来ていたので、フィットネスクラブの閉館は寂しいし、ちょいと痛いです。思った時に色々なダンスや運動ができる場所はやっぱり必要かな?健康のためにも続けた方が良さそうですけど・・・

 

han0205-049

指導する側のリーダーシップ

yjimage-1

活動情報の書き込みを3日サボってしまいました。その間にAmazonで本を3冊も買って読んでいました。いっぺんに3冊も買ってしまい情報量が過多で頭がついていきません。本屋でチラ見していたら買わなかったかもしれないこの3冊の本。本当に優秀な生徒さんが育っていて、教室自体も大きく育ち、先生も立派そうです。うらやましいようで、そうでないような複雑な感情が残っていますが、内容的には勉強になりそうです。

 

 

51Ppd-hyePL._SY90_51O7r9go8eL._SY90_51nlmP6WyCL._SY90_

自分のレッスンで取り入れていることの重複もありましたが、改めて「ソルフェージュ」「音楽理論」「読譜力」の三大要素を三十分から四十分のレッスンでバランスよく指導していくか、とても大事なことだと思いました。

 

 

この本に登場する先生、大規模経営にも成功されて100人500人と教えていらっしゃる教室も紹介されています。先生方の教室運営とレッスン指導におけるリーダーシップは、どんなビジネスモデルに置いても通用しそうです。

 

 

しかも在籍されているレッスン生も信じられないくらい早熟で、小学1年生でバッハの「インベンション」幼稚園児で「ブルクミュラー」を一回のレッスンで二曲ずつ仕上げてくるとか・・・ただ指導する側が思い描くレッスンが実現するということは、思い通りの反応にならない生徒さんがいないって現実にあるのかな?私は大人の方でもお子さんでも、本当に一人ずつ全く違ったレッスンしかできないので、そんな大手塾みたいにレッスンできる指導力がすごいなぁと素直に思いました。

 

 

私が指導力のなさを反省していると、小学高学年と社会人の生徒さんが口を揃えて「誰もそんなの望んでいないから。先生、大丈夫だよ。」と・・変な慰められ方をしました。(涙)身の丈以上にレッスンが進まなくても、音楽能力が高くならなくても、“先生に手伝ってもらい”ながら“弾きたい曲を弾いて楽しい”方が良いんだそうです。

 

 

なんで一人ずつレッスンが違っちゃうのか・・・

 

 

例えばこの日、小学低学年の生徒さんが来ました、簡単そうな譜面なのに弾けません。4拍子の左手がメロディーの曲でしたが、右手が裏打ちのリズムを和音で刻む伴奏形の、なんと右手の「2拍と4拍」に入る裏打ちが、どうしても「1拍と3拍」に入ってしまうのです。とうとう大爆笑してこの日この曲は終わりました。「先生、左手だけは来週までに完璧にしてくるからね!」っと自分で宿題を出し(どの子も自分で宿題を決めます)、嬉しそうに帰っていきます。後の生徒さんは会社員の方、なんと同じような左手メロディーの右手裏打ちの伴奏系の曲です、しかもリズムが変・・・『ブルータスお前もか・・・』はシェイクスピアだったでしょうか?まさか小学生と同じ言い方はできないけど、アドバイスどうしよう?この方、最後は笑ってごまかしていました。

 

 

前述の小学生、次の週は確かにメロディーをしっかり両手で?弾けるようになってきました。「先生、右手の伴奏弾いて」と頼まれて弾くと、次は「パーカッションで・・そうだね、カスタネットとか太鼓とかがいいかなぁ、で私が左手弾いている間、右手のリズム叩いてくれる?」と頼まれ、「じゃ今度は私がカスタネットの係になるから、先生メロディー弾いてくれます?」。なんと裏打ちができました。小さな生徒さんだと思っていたのですが、自分でアイデアを出して勝手に出来るようになってきました。「じゃ、次は右手を練習してきます!」と苦手なリズムの克服のため教則本は牛歩の進み方ですが、本当に楽しそうです。

 

 

私はこの曲のレッスンの間は本当に見守りに徹しました、と言うか口も挟めませんでした。指導する側が思い通りのレッスンをす時間もあれば、こんな生徒さんの自発性任せのレッスンもあってもいいのかな?やはりバランス良く出来ると理想かなと思います。

 

 

illust10_thumb

 

 

導入期の教則本選び…後半

yjimage-5

前回はドイツの本からバイエルと、フランスの本からメトードローズを紹介しました。

 

近年は日本の指導者が良書を出版していますし、アメリカの教則本もとても使い易いです。

 

日本の本は、初めから日本の子供向きに書かれていますので、曲名や挿絵が子供たちに共感されやすいです。日本の子供の発達に合わせた教材としては、一番なのではないかと思います。実績のある先生の経験が詰まっているので、導入がとてもスムースです。

 

アメリカの教材はとにかく分かりやすいし、これから教材を使っていく子供達に親切です。アメリカの子供の方が日本の子供より多少不器用な傾向があるので、余裕がある進み方です。

 

大きな利点は「ドレミ」の階名だけでなくて英語の音名表記に触れることで、コードネームにも慣れることができます。

 

教材のお国柄も大きい特徴となるほか、最初の導入も大きな特徴になります。

 

1「最初は5線より少ない線の楽譜を使う」

 

2「黒鍵から触れていき慣れてから白鍵を弾く」

 

3「最初から大譜表から始めて、中央のドから上下の音を順番に覚える」

 

4「高音部譜表(右手)、低音部譜表(左手) が、ばらばらで出てきてから大譜表に進む」

 

1の、楽譜は、「同じ音か、隣の音か、上っているのか下がっているのか、一個飛ばしなのか、」を線で読んでいく譜読みの仕方に最初から慣れるために簡略化した楽譜で刷り込みをします。ペースメソッドのように読譜力を重視するメソッドのやり方です。

 

2の、黒鍵からはじめると「黒鍵アレルギー(黒鍵を弾くだけで難しいと思ってしまう)」がないから良いとか、出っ張って触りやすいので「黒いところだけ弾いてね。」と指導した時に外さない。とかメリットがありそうです。

 

黒鍵の「二つ」と「三つ」を最初に意識するのも良いことだと思います。

 

また、ピアノでの「自由な即興」、パーカッション的に音を鳴らしてみながら、「音の高低や短い長い、リズムを感じる」というやり方での導入がしやすいです。

 

ただし黒鍵で導入する教則本でも、ずうっと黒鍵ばかり弾いているわけではなく、ちゃんと白鍵に降りてこられるように作ってあります。

 

3の、真ん中の「ド」から五指が鍵盤に乗る状態で、右手が「ドレミファソ」左手が「ドシラソファ」と音域が広がる教則本は、真ん中の「ド」を意識して刷り込むことで、絶対音感で音を聴く習慣になるし、子供も取っつきやすそうです。

 

4は、大譜表(両手になった時)の衝撃がハンパないので、使わないことにしました。(私がそうでした。まだ相当チビだったはずなのに覚えています。)

 

その他にイメージ重視の不思議ちゃんな導入をする教材もありますが、先生の方がかなり勉強しないと使いこなせなさそうなので、色々試してお蔵に入った本も、実は多々あります。

 

子供の発達は早いので、数ヶ月が大人の数年くらいに体感するみたいです。どんな良い導入をしたと思っても簡単に忘れるし、半年前に使っていた楽譜を見て「むかしに使っていた楽譜だ。」と言うし、ピアノだけでは泣いちゃってリトミックと併用した子が一年も経つと「リトミックなんてしたかな?泣いてた?嘘でしょ。」と…

 

ところで、「さぁ、ピアノを初めよう!」と学齢期を過ぎてから思った時、あまりにも可愛らしい挿絵満載だと抵抗があるのではないでしょうか?挿絵や五感で音を楽しむより、手っ取り早く楽譜が読めて、五指が動くようにしたいと思うはずです。大人の場合、特に弾きたい曲が既にあると尚更です。

 

なので、導入の教材や教則本は、性別や年齢、性格をトータルに考えて、一番合うものをチョイスしたり、生徒さん自身に選んでもらうのがいいかな、と思っています。

 

s-flower-pop043

手先から動かない!!

IMG_3079
体には、いっぱい関節や骨が繋がっているので、踊りの経験とかなくても、意識しただけで身体の使い方が変わります。美しい身のこなしや洗練された仕草・・女子力を高めるためにも重要です。

 

さて、ピアノに対してはどんな意識で体を使っているでしょう?「音を追っかけているので精一杯!どんな姿で弾いているなんて考えたこともないです。」・・ですよねー。

 

子供(1歳児から4、5歳児)のリトミックでは、成長段階に従って、大きな筋肉運動から微細な筋肉のコントロールに進行していく流れの教室がほとんどだと思います。もっと大人になったとしても(小学生以上)大きな筋肉を動かして再確認することは大切です。

 

「◎◎のワルツ」なんて曲名、子供の教則本からいくらでも出てきそうですね。ワルツステップの簡単バージョンに味付けして振りを作って低学年の生徒さんと踊ったりしていると、そこらへんにいたお兄さんお姉さんのレッスン生が「前にこの曲やったの覚えてる」と言いながら混ざって踊りだしたりします。音楽に合わせて自由勝手に動くのは、(ダンスには見えないかも・・・涙)恥ずかしくなければ誰でもとても楽しいものです。

 

さて、体が緊張する傾向にある大人の方は結構いらっしゃいます。前に書かせていただきましたテニス好きの母も、ラケットを振る動作をするときに、脱力して振り抜けるのが苦手なタイプだったと思います。前の先生からは「フォームを正しくして打ち返す」ように癖をつけられたので、球を打つときに「正しい体の形にしてきちんと打ち返そう」と無意識に身構えていたことがあったそうです。それも今のコーチに就いた早々直されていましたが。

 

筋肉をしなやかに動かせるに越したことはありません。「胸の大きな筋肉から派生する呼吸を伴っを動きを、手先に伝えていく」や、「ロールアップ、ロールダウン」(この際の「ロールアップ」は、ピラティスなんかでよく使う動きです、デニムのお洒落な履き方ではありません)を経験したことがない人は、やってみるとかなり衝撃的なようです。なのでスペースのない白鷺教室でさえも、変な体操みたいなのをしてもらうことがあります。

 

単に「動いている体の部位」だけでなくて、大きな筋肉からの動きを末端に伝えてあげる。リトミックのリズム運動で、リズムをステップするのは、リズム感と言うよりも運動の経験として大切なことだと思います。また、大人になっても様々な肉体感覚を持っていることで、より楽しく深く音楽に触れ合えるのではないかな、とも感じるこの頃です。

 

yjimage-6

 

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930