トップへ戻る

活動情報

コラム

導入期の教則本選び・・前半

yjimage-8

お引越しなどで他の地域から移ってきた生徒さんが、この時期に増えてきます。せっかく習っていたから、空白の時期を作りたくなくて、親御さんが急いで教室を探すのかな、3月4月の新学期で忙しい時期に新しい教室にも通い始めるのは、お子さんにとっては大変なことだろうと思います。

 

そういう生徒さんは、私が使った事がない教本を持ってこられる事があります。

 

あれもこれも急激に変わるのも良くないので、今まで使っていた教本で続きを継続するようにしています。お陰さまで定期的に楽譜売り場で立ち読み研究する以外にも、いろいろな教材を目にしたり、使う事ができました。最近は良い教則本がたくさん出版されています。先生もいっぱい勉強しないと追いつかないです。

 

ところで、私が教室を始めた時から、バイエルを持ってくる人が絶滅しています。

 

バイエル上巻から始まって、右往曲折あっても最後なチェルニーにたどり着くという、昔ながらの系統は今時の子供には食いつきが悪いようです。

 

51DgStFJ8ZL._AA160_51opghYsPxL._AA160_

バイエルは「ドイツの本」です。導入の赤本は、現在「最悪」と言われていますが、ミッキー版が出たりして、今の子供にも使ってもらえるように、それなりの努力がなされているようです。

下巻は古典に結びつくような左手の伴奏形(アルベルティバス)が達者になります。この伴奏形を身につけるとメロディに簡単に伴奏がつけられるようになります。定型の伴奏形なので面白みはありませんが、基本なので保育士は勉強しておくと役に立ちます。が、趣味の方やこれからいろいろな楽曲に親しんでいく未来のあるお子さんの教則本としては、確かに時代遅れの感があります。

 

何しろドイツ音名を覚えさせようとするので、「ド」は「C チェー」とカタカナで表記されているのは、私が見てもドン引きでした。「チェー・デー・エー・エフ・ゲー・アー・ハー」で歌うのは高校1年コールシューレの視唱の試験以来です。

 

この後、ブルクミュラーやチェルニー100番を通過してチェルに−30番にたどり着く、のが一昔前からの王道でした。

 

51T5haUtS7L._AA160_41ZHGB3R7KL._AA160_41DPFfcT00L._AA160_

メトードローズは「フランス」の本です。最近は猫のイラストの可愛い版も出ています。猫狂いの小学4年生はイラストで食いつきました。一曲づつに表題がつき、親しみやすいメロディとバイエルほどには型にはまらない、初歩ながらポリフォニック(多声)な曲も見られます。その後「ピアノの練習ABC」から「ピアノの練習ラジリテ」と進み、結局は「チェルに−30番」にたどり着く・・・

 

というわけで、経過はどうあれ結局はチェルニー30番、40番50番、60番とチェルニーを勉強させられたのでした。

 

導入期の教材で選択肢もなく「バイエルの赤本」が出てくる先生なら、教え方がかなり古いと思った方がいいでしょう。

 

長くなったので前半終了します。続きもちゃんと近日中に書きますね。

 

椅子の高さは大事!?

s-flower1095

阿佐ヶ谷教室で生徒さんを待つ間、いつもより低くなっている椅子で弾いていました。

 

阿佐ヶ谷教室で椅子が低い状態なのは珍しいなぁっと、子供達は椅子を上げっぱなしで帰っちゃうし、大人の生徒さん達も高い椅子が好きなのか、子供の高さで違和感ないみたいなんです。

 

生徒さんがいらっしゃいました。ハノンからスケール(音階)を弾いてもらいます。するといつもよりぎこちないのです。鍵盤を一生懸命押してもカスカスな音だし、指先だけが動いて、横移動に体がついてこないのです。

 

鍵盤の端から端まで弾くような曲は、椅子を高めにした方が弾きやすい人が多いようです。単純に高い位置の方が手がとどきやすいからと、視覚の関係もあると思います。

 

椅子を高くしてから再度座ってもらい、坐骨の左右の骨に体重が乗っていることを確認、頭を下げ過ぎないように気をつけて、鍵盤に左右の手を揃えてのせ、自然に前傾するその状態で、トルソー(頭と腕、足、脚を除いた胴体)が崩れないように、そのまま鍵盤を雑巾掛けするように端から端まで、左右に動かしてもらいました。低い位置で行うより体が楽に動くそうです。

 

ちょっとした高さの違いで弾きにくいフォームになってしまうことがあります。自宅のピアノでは自分しか弾かないので、椅子の高さを変える習慣がないかもしれませんが、ピアニストの中には曲によって高さを変える人もいるくらいですし、たまには低くしてみたり高くしていたりと変えみて、弾きやすさのチェックをした方がいいかもしれません。

sbsh0002.jpg

うーん、可愛かったなー6年前は・・・

脳が感じること

sample2

ささやかに腹筋でも鍛えようかと、体育座りをしたまま踵を上げてみました。坐骨だけが床についている状態です。ながらで足裏の筋肉を動かしてみます。実はバレエのお稽古に行くと足の裏が攣りっぱなしでした。足裏の筋肉を鍛えないといけないそうです。足の指を広げて「パー」、握って「グー」、親指を自分側に向ける「チョキ1」と自分から遠ざける「チョキ2」
。やってみると「足指」や「足の平(・・っていうのかな?)」思うように動かないものです。

 

 

それで、試しに「足裏じゃんけん」をしてみました。「あいこでしょ!」ばかりは簡単です。「左足が勝って右足が負ける」にすると、すごく迷います。何を出したらいいのかわからなくなりました。以前、普通に手でやったことがあるけど簡単でした、おかしいな・・・。

 

 

脳がおバカになったかと思って、試しに手でやってみました。手で「じゃんけん」するのは、やはり簡単です。つまりちゃんと脳は「こういう形になるように動かせ!」って指令を出しているのに、足だと不器用でうまく指令が受け取れてないみたいなんです。それなのに、自分が感じたのは「何を出していいかわからない。または、どう動かしていいかわからない」という感覚でした。

 

 

本番やレッスンで、突発的に体が動かなくなるのは、「いつもより筋肉が緊張して動きが悪くなること」がほとんどです。または、いつも「意識に上がってこないけど、なんとなく弾きにくいと思っている箇所」もギアがギュッっと入ると緊張して筋肉が圧縮されやすいです。

 

 

そういう箇所の、「暗譜が飛ぶ」とか「楽譜見ているのに、頭が真っ白になった」は、記憶の問題でなくて、体の不器用さが問題かもしれませんんね。つまり「何を弾いたらいいかわかっているのに、わからなくなったと感じている」可能性もあるということです。

 

 

先日、「先生、最初は片手づつ最初弾いておきたいんだけど、右手からにしようか左手からにしようか、弾きやすいのはどっちかな?迷っちゃう。」と言い出した小学生がいました。私が「両手で‘じゃんけん’して勝った方から弾いたら?」と言ったら、本当に一人じゃんけんを始めました。

 

 

「じゃんけんぽん、あいこでしょ!あいこでしょ!・・・先生、‘あいこ’ばっかりです。」・・普通はそうなりますよね。

s-hanataba034

 

実は大事な相対音感!

yjimage-1

 

「ド レ ミ ファ ソー ラ ファ ミ! レ! ド !! 〜 」元気に子供達が歌っている「某、大手音楽教室」のCMです。儲かっていて広告料をいっぱいかけられるので、1日に何回も見たことがあります。

 

 

あのCMを「最悪」と評価する人がいます。

 

 

私の声楽のT先生です.

 

 

T先生は、戦後すぐに大学生になりました。本当に何もかも焼けて失われていた時です。大学に通いたくてお茶大に入りましたが、音楽を志ざして、国立音楽大学の声楽科に再入学しました。ピアノの経験もなかったし、勿論家庭にもピアノがなかったので、方々に借りに行ったり、寮生が弾いていない隙を見つけて練習したりで、副科のピアノの勉強には苦労されました。卒業後は藤原歌劇団でオペラ歌手として活躍されて、同じ舞台に立ったりツアーに行った仲間では、私の母が好きだった「立川澄人さん」もいらっしゃったそうです。

 

 

T先生は、もの凄い感度の高い相対音感です。ピアノがない時代に育ったので絶対音感は持っていません。が、本当に音程が取ることが難しい現代音楽のオペラパートを本当に短期間で歌った経験も、ベースキャンプ回りの仕事などは、汽車に乗ってから英語の歌詞の楽譜を渡されたりも。初見で、しかも3人でのハモリがあったりと、本当にスリリングな経験だったそうです。

 

 

T先生の耳には、某CMの子供たちは、音名を棒読みで唱えているだけに聞こえるそうで、不気味なんだそうです。教育現場の大人や親御さんたちは、元気の良い声を張り上げている子供を「子どもらしい」と高評価を与えることが多いので、あのような声だけ張り上げているCMが放送されているのでしょう。私にも「ドミソ」も「シレソ」も同じで、なんの感情も働いていないように聞こえます。

 

 

絶対音感では「ドミソ」はとりあえず「ドミソ」と聞こえます。相対音感では、ハ長調の「ドミソ」とヘ長調の「ドミソ」とト長調の「ドミソ」は全然違って聞こえます。主音(音階の始まりの音)から相対的に感じるので、同じ「ド」でも、ハ長調だと主音で、ト長調だと下属音(主音から4番目の音)、ヘ長調だと「属音」(主音から5番目の音)になるからです。主音が「ド」に聞こえる相対音感は、実は音楽的な音感であったりします。

 

 

素敵なメロディーは勿論、ハーモニーの移り変わりに心を揺さぶられたりする、和音を構成している3度5度の響きにも感情が引き込まれたりする・・という事はやはり日々どのように音を聞いているかが影響してきます。

 

 

絶対音感は10歳未満までしか得られない、というような話を聞いたことがありますが、相対音感は磨き続けることができます。絶対音感的に「聴いた音がわかる」だけでなく、「聴いた音で感情が動く」耳を持つことが、音楽を友にする最大の秘訣かもしれませんね。

 

 

IMG_3067

小さなお子さんのプレソルフェージュ&プレ楽典

小学生未満の小さなお子さんのには、お絵描き気分で音符やト音記号を書いたり、小節を、お部屋に見立てて音符カードを並べてみたり…なるべく「抽象的なものを、見ただけでわかる」ように視覚化していますので、落書き帳は本当に重宝しています。五線ノートのように小さいところに書くのではなく、大きなものを視覚に入れると理解度がぐっと増します。

 

 

…だけではありませんが、こんな風にプレ楽典の勉強をしています。

 

 

小さい子のソルフェージュは、ふわふわした感じ、とか 重いなぁ〜 とか、五感で感じる事から入ります。雲の音楽は?雷は?落ち葉が舞うのは?…没頭してくれます。小学生になってしまうと遅すぎで、もう相手にしてくれません。

 

 

あぁ、そういえば付き添いの保護者さんが、お子さんよりノリノリです。4歳児くらいだと、季節が4回しか回ってない上、最初の一回目はまだ目が見えてないくらいなので、実は大人に比べてお子さんの方がイメージを持ち辛かったりします。

 

 


↑  写真は「雲」「落ち葉」「雪の結晶」

 

 

模造品の落ち葉を教室中に撒き散らして「まぁ、ホンモノそっくり、きれいだわー!」と、その場をお母さんが引っ張ってくれるんですよね。ありがたいです。

 

 

…という訳で、ちまたに親子リトミックの教室がいっぱい有るのは、よく分かります(汗)

 

 

話が横道に逸れました。情緒的、感情的なものを、身体を使ったり声をだしたりして、表現出来るのはこの時期だけだと、教えてくれたのはペースメソッドの先生でした。実際ペースの教材はこの時期のものが、とても充実しています。

 

 

ペースの楽譜は五線譜を使いません。線読み(音が上がっている、下がっている、同じ、を前の音と比べながら読んでいく譜読みの仕方)が習慣になるように、噛み砕いて線の数を減らしたりして、楽譜を簡略化しています。

 

 

でも、結局大譜表を覚える訳なので、その間に覚えなおしが沢山あると、子供達は嫌になってしまいます。だから私はどんなに小さくても、五線譜から始めるようにしました。

 

 

教える側にしたら導入が一番難しいのです。でも習い始めのお子さんの方が、何倍も難しいことにチャレンジしているのだから、私も知恵を絞って、楽しいレッスンになるように頑張っています。

 

 

yjimage

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930